ハンドクリームタイプの手掌多汗症の薬

ハンドクリームタイプの手掌多汗症の薬もいくつか販売されています。ハンドクリームタイプの制汗剤の魅力は気づいた時に手軽に手のひらに使うことができることです。

さらに、手荒れに配慮した制汗剤が多く、手肌の弱いお子さんや女の方にとっては助かる種類の手汗のお薬です。

2つ目は掌にボトックス注射という処置を行い手汗を抑える方法です。この方法はおおよそ半年くらい効いて改善させる方法です。

発汗が改善するといわれています。手術と同じように皮膚科で対応してもらう必要があり、一度の治療でかかる費用は数万円かかるのでなかなか簡単に処置してもらうことはできません。手汗を抑えるための対策はざっくり2種類の方法があります。

自律神経を刺激しないようにして手汗をかきにくくするというものです。きちんと決まった時間に睡眠をとるなど規則的な習慣を身に着けたり、緊張する場面の場数を踏むなどして自律神経への刺激に慣れて手のひらからの発汗を抑えようとするものです。別の方は専用のお薬や病院での処置によって物理的に手掌多汗症を抑えようとするものです。

最もメジャーなものは塩化アルミニウムを主成分とした手汗の制汗剤です。

商品によって塩化アルミニウムの濃度が異なり、塩化アルミニウムの濃度が高い制汗剤ほど手掌多汗症を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

インターネットで購入できる塗布薬では有効成分である塩化アルミニウムの配合量が様々なものが販売されています。一つは手術によって交感神経を遮断して手汗をコントローするという交感神経を遮断して手汗抑制の効果は期待できますが病院での処置が必要で、手術代も大きくなってしまいます。梅雨の時期がくると 常に塗れている手のひらに嫌気がさしている人も 多いでしょう。

私のてのひらは生活に支障をきたすほどの スゴイ手汗です。 ボーリングの画面が反応しなかったりといった 生活に悪影響を及ぼしたり ボーリングをしてハイタッチをする時の 心の枷になったりと、 手掌多汗症にはなってみないとわからない 悲しく辛い感情が伴うのです。錠剤を服用することで手汗を和らげるお薬もあります。飲むと背中や脇などの汗も改善することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。いつでもパパっと飲めるところが服用するタイプの薬の使いやすいところです。病院に行かなくても手に入る手汗対策のお薬は何種類かあります。手汗は長年びちょびちょの手と生きてきた本人にしか悩みの深さがわかりません。普通の手の平を持っている人からすれば大した悩みではないと笑われるかもしれませんが苦しんでいる当人からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。

近頃は皮膚科にまで通わなくてもネット通販などで購入できる制汗剤がいくつもありますので色々と実験してみて自分の手汗が改善される制汗剤を見つけてみると良いのではないかと思います。3つめの手段は塩化アルミニウムを主成分としたお薬でしつこい手汗を治療するという方法です。この塗布薬は手のひらの皮膚にある汗腺を塞ぎ発汗を抑える効果があります。皮膚科でも処方されますが通販などで売っている制汗剤も購入することができるので皮膚科の先生に見てもらわなくてもひっそりと対策を行えることが良いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です