手汗の症状を良くする方法は大きく分別すると2種類

手汗の症状を良くする方法は大きく分別すると2種類あります。体調的な部分を改善して手掌多汗症をコントコールするというものです。

食べ物や寝る時間など生活習慣を改善したり、心を落ち着けることによってリラックスして掌の発汗を抑えようとするものです。もう一つは病院での手術や制汗剤によって強制的に手汗を改善する方法です。

ひとつは皮膚科による手術で脇の下にある交感神経を遮断し手汗を改善するという方法です。手汗抑制の効果は期待できますが手術なのでかかる費用も高くなってしまいます。

市販されている手掌多汗症対策の制汗剤はいくつか種類があります。

錠剤を飲むことによって手掌多汗症を和らげる商品もあります。

服用するだけで手汗以外の汗も軽減することができその効果は手掌多汗症の改善にも及びます。

水さえあればすぐに服用できるところが錠剤のタイプのお薬の使いやすいところです。

最もメジャーなものは塩化アルミニウムを高濃度で配合した手掌多汗症の対策商品です。薬によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、濃度が高い商品ほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入る商品では塩化アルミニウムの配合量が10%から20%程度のものまで販売されています。

手汗は長年びちょびちょの手と生きてきた本人にしか辛さがわからない病気です。普通の手の平を持っている人からすればなんてことないことだと感じるでしょうが悩んでいる本人からすれば人格形成に影響を及ぼすほどの悩みです。病院に通うのがメンドウな人でも手軽に自分でできる制汗剤がいくつもありますので色々と実験してみて自分に合う商品を探してみると良いのではないでしょうか。

クリームを塗り広げるタイプの手掌多汗症専用の制汗剤もいくつか販売されています。クリームを塗り広げるタイプの制汗剤のメリットはいつでも手軽に手のひらに塗り込むことができることです。

また、手肌に優しいお薬が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとってはありがたい種類の手汗のお薬です。2つ目は手のひらにボトックス注射という注射をして手汗を改善させる方法です。

この方法はおおよそ半年くらい効いて手の汗が抑制されるとされています。

脇の下の神経を遮断する手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、一回の注射の料金は数万円かかるのでそんなに気軽に処置してもらうことはないでしょう。

三つ目の方法は塩化アルミニウムを配合したお薬でしつこい手汗を改善させるという方法です。

塩アルの薬は掌の皮膚にある汗腺を塞ぎ手掌多汗症を改善する効果を期待できます。病院に行けば手に入りますが通販などで販売されているお薬もいくつかあるため、病院までいかなくても手軽に手汗の改善を行えることが魅力です。熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。 私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。 手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です