服用することで手掌多汗症を抑える薬プロバンサイン

薬を服用することで手掌多汗症を和らげる商品もあります。

服用するだけで手汗以外の汗も改善することができその効果は手汗の改善にも及びます。

水さえあれば気軽に飲むことができるところが服用するタイプの薬の使いやすいところです。市販されている手汗対策の制汗剤は何種類かあります。

一番有名なものは塩化アルミニウムを主成分とした手掌多汗症の制汗剤です。

薬によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、高濃度なものほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入る制汗剤では塩化アルミニウムの濃さが1割〜2割くらいのものまで売られています。夏が近づいてくると びちょびちょの手のひらに苦労する人も 多いこととの思います。

私の手は周りも引くほどの汗をかく とっても凄い手掌多汗症なのです。

スマホが反応しなかったりといった 日常に影響を及ぼしたり カラオケのマイクを回す時の 恥ずかしさになったりと、 手汗には当事者にしかわからない ツライ思いがあるのです。

2つ目は手の平にボトックス注射という処置を行い手汗を改善させる方法です。この方法はおおよそ半年くらい効いて掌からの汗が抑制されるとされています。ボトックス注射も病院で処置をしてもらう必要があり、一度の治療でかかる費用はうん万円かかるのでそんなに気軽に踏み切ることはできません。ハンドクリームタイプの手汗専用の制汗剤も3種類ほど販売されています。化粧品のハンドクリームのような制汗剤の魅力は出勤前やトイレの後などに手のひらに使うことができるところです。

また、手に優しいお薬が多く、肌の荒れやすいお子さんや女の方にとってはありがたい種類の手汗のお薬です。

手汗は悩んでいる本人にしか悩みの深さがわかりません。

症状がない人から見ればしょうもない事だと一蹴するのでしょうが悩んでいる本人からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。

近頃は皮膚科にまで通わなくても手軽に自分でできる制汗剤がいくつもありますのでいくつかの制汗剤を試してみて自分に合う商品を探してみると良いと思います。

手掌多汗症への対策は大きく分別すると2種類あります。

ひとつめは精神的な部分を鍛えて手汗をかきにくくするというものです。栄養バランスを考えた食事をするなど生活習慣を整えたり、ツボ押しなどによって緊張しないようにして手のひらからの発汗を改善しようとするものです。もう一つは専用のお薬や病院での処置によって物理的に手汗を抑えようとするものです。

3つめの手段は塩化アルミニウムを配合したお薬で手掌多汗症を治療するという手段です。

このお薬は掌の汗腺を覆い、手掌多汗症を抑える効果があります。病院に行けば処方されますがネットなどで売っている制汗剤も数種類あるので通院しなくてもこっそりと手汗の改善を自分で対策を良いところです。ひとつは皮膚科で脇の下にある交感神経を遮断し手汗をコントローするという交感神経を遮断して手掌多汗症が改善される効果は大きいのですが手術代も高くつきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です