日差しが強い時期になるとベタベタする手汗にイライラすることが増える

日差しが強い時期になると ベタベタする手汗に悩まされている人も たくさん居るでしょう。

私の多汗症は自分でも嫌気がさすほどの みずみずしい手のひらです。

指紋認証が反応しなかったりといった 日常生活に不便さを感じたり スポーツをする時の 上手くできない原因となったりと、 手汗には本人以外には伝わらない 悩ましい思いがつきまとうのです。

化粧品のハンドクリームのような手汗対策商品もいくつか販売されています。クリームを塗り広げるタイプのお薬のいいところはいつでも手軽に手に使うことができるところです。

また、手荒れに配慮した制汗剤が多く、皮膚の弱いお子さんや女の方にとってはありがたいジャンルの手汗対策のお薬です。

ひとつは手術で手術が必要で手汗を止めるという方法です。

手汗抑制の効果は期待できますが手術する必要があるのでお金の面でも高額になりがちです。

最も有名なものは塩化アルミニウムをたくさん含まれている手汗の対策商品です。商品によって塩化アルミニウムの濃さが違っていて、高濃度なものほど制汗作用が期待できますが肌の弱い方は痒みや痛みを感じる可能性が高くなります。

市販されている塗布薬では塩化アルミニウムの濃さが1割〜2割くらいのものまで販売されています。

手掌多汗症は症状のない人には悩みの深さがわかりません。

他の人からすれば小さなことだと思うでしょうが、悩んでいる本人からすれば人を嫌いになるほど悩ましいものです。最近は病院に行かなくても手軽に自分でできる制汗剤がいくつか発売されていますので色々と実験してみて自分に合う商品を探してみると良いと思います。

ふたつめは掌にボトックス注射というお薬を打って手汗を改善させる方法です。

この方法は半年程度効果が持続し、改善させる方法です。

発汗が改善するといわれています。

手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、一回の注射の料金はそこそこの金額がかかるのでなかなか簡単に処置してもらうことはできません。手汗を改善する方法はざっくりふたつの方法があります。ひとつめは精神的な部分を鍛えて手汗を改善させるというものです。

食べ物や寝る時間など規則的な習慣を身に着けたり、訓練によって自律神経への刺激に慣れて手の汗を改善しようとするものです。他方は専用のお薬や病院での処置によって物理的に手汗を改善しようとするものです。三つ目の方法は塩化アルミニウムという成分を配合した塗り薬でしつこい手汗を改善させるという手段です。

参考:塗るタイプの手汗専用制汗剤

この塗布薬は掌の汗腺を覆い、手掌多汗症を抑える効能が得られます。皮膚科でも手に入りますが通販などで販売されているお薬も数種類あるので病院までいかなくてもこっそりと手汗の改善を行えることが良いところです。

皮膚科に頼らなくても手に入る手掌多汗症対策の塗布薬は何種類かあります。錠剤を服用することで手汗を軽減させる商品もあります。

飲むと身体から出る汗を抑えることができ、その効果は手掌多汗症の改善にも及びます。いつでもパパっと飲めるところがこの手の商品の使いやすいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です