熱くなってくると ジトジトした手汗に思う

熱くなってくると ジトジトした手汗に思う悩む人も たくさん居るのではないでしょうか。

私の多汗症はビショビショになるほどの 激しい手汗です。 手紙を書いたり料理を作ったりといった 普段の生活に不便を感じたり 周囲の人とのスキンシップを図る時の 邪魔になったりと、 手掌多汗症の辛さは自分にしかわからない 悩ましさがあるものです。

手掌多汗症は症状のない人には悩みの深さがわかりません。

他の人からすればくだらない悩みだと思われるかもしれませんが悩んでいる本人からすれば深いトラウマを抱いてしまうほど悩ましいものです。

近頃は皮膚科にまで通わなくてもネット通販などで購入できる制汗剤がたくさん発売されていますので、テストしてみて相性の良いものを見つけると手汗の悩みが軽減されることでしょう。手掌多汗症を改善する方法は大きく分別すると2種類あります。

ひとつはメンタル的な部分を整えて手汗をかきにくくするというものです。

口にする物や就寝時間など規則正しい生活スタイルにしたり、訓練によって緊張を和らげて手のひらからの発汗をコントロールしようとする方法です。

もう一方は病院での手術や制汗剤によって物理的に手掌多汗症を改善しようとするものです。

インターネットで購入できる手掌多汗症対策の制汗剤はいくつか種類があります。

3つ目の手段は塩化アルミニウムを配合したお薬で手汗を治療するという方法です。

この塗布薬は掌の皮膚にある汗腺を塞ぎ発汗を抑える効果を得られます。

皮膚科でも貰えますがネットなどで売っている制汗剤も数種類あるので通院しなくても自分で対策を図れるところが魅力です。ひとつは皮膚科による手術で脇の下にある交感神経を遮断し手汗をコントローするという手法です。

手汗を劇的に減らす効果を期待できますが手術が必要でその費用も負担が大きいものです。2つ目は手のひらにボトックス注射という処置を行い手汗を改善させる方法です。この方法はおおよそ半年くらい効いて改善させる方法です。

発汗を抑えられるといわれています。脇の下の神経を遮断する手術と同じように病院で処置をしてもらう必要があり、半年で効果はきれてしまいますが一回に数万円かかるのでなかなか簡単に処置してもらうことはできません。

知名度が高いのは塩化アルミニウムを中心とした手掌多汗症のお薬です。

商品によって塩化アルミニウムの濃度が異なり、高濃度なものほど手汗を改善することができますがその分手荒れする可能性が高くなります。

皮膚科に頼らなくても手に入る塗布薬では塩化アルミニウムの濃度が様々なものが販売されています。化粧品のハンドクリームのような手汗の薬もいくつか販売されています。

ハンドクリームタイプの制汗剤のメリットは出勤前やトイレの後などに手に塗り込むことができることです。

また、手に優しいお薬が多く、手荒れしやすいお子さんや女の方にとってはありがたいジャンルの手汗の制汗剤です。薬を服用することで手汗を軽減させる商品もあります。服用するだけで身体全体の汗を抑制することができその効果は手汗の改善にも及びます。

飲み忘れても水分さえあれば服用でき対策できるところが服用するタイプの薬の使いやすいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です